0歳児が幼児教室に通うことについて

0歳から3歳ぐらいまでの未就学児の脳はゴールデンタイムとも呼ばれ、著しく発達することが科学的に分かっています。

確かに何もできなかった赤ちゃんが、たった数年で身体も大きくなり、自分の身の回りのことも親の助けなしに出来るようになるなんて驚きですね。また、言葉を発するようになり、色々なことを理解するようになるのもこのころです。近年、早期教育に注目が集まっていますが、このゴールデンタイムのうちに、どれだけ子どもたちの知的好奇心を満たしてあげるかは、その後の子どもたちにとってもとても重要なことなのです。

早期教育といえば幼児教室に通わせるのが一番手っ取りは早いかもしれません。幼児教室で行われるレッスンは、年齢に合わせたアクティビティーを親子で一緒に楽しむことができるのが特徴です。0歳の赤ちゃんを育てる母親は、特に最初の半年間あまりは、ひたすら赤ちゃんのお世話に追われます。それが、離乳食が始まって、だんだんと赤ちゃんの生活のリズムが出来上がってくるくらいの月齢になると、母親にも少しのゆとりができ、子どもの教育などにも興味が出てくるのではないでしょうか。

育児に正解がないように、幼児教室を始めとする幼児の習いごとに関しても、これさえやっておけば良いというものはありません。でも、子どもの教育について、ひとりで思い悩んでいるようであれば、なにか新しいことを始めてみると良いでしょう。0歳でも決して早すぎることはありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *