2歳児の幼児教室の選び方は

2歳児になると幼稚園に入る前の段階として幼児教室に入室を検討します。

2歳児用の幼児教室は数多くあり、それぞれ特徴があるので、我が子にどういった力を身に付けさせたいかということを考える必要があります。2歳児の幼児教室は大きくわけて学習系と芸術スポーツ系、この2つを合わせた複合系の3つにタイプがわかれます。学習系の場合は受験を意識しているので当然カリキュラムもそのようになっており、子どもの教育の他に親の教育として、受験での態度や服装といったものも指導しています。芸術スポーツ系は、ピアノや絵画などの造形活動を行うことが多いです。

スポーツもこの中に入りサッカーやバレエ、卓球など子どもであってもきちんとルールを教え、意欲的に活動できるよう指導内容を決めています。絵画などはどれが正解ということはないので、子どもの感性をうまく引き出せるような題材と講師の言葉がけが決め手となっています。複合系は学習と芸術系を1時間という時間内に行うもので、それぞれの良い部分をピックアップして行う幼児教室です。

一度にいろいろなことを行っていくので、効率が良さそうに感じますが、教室によっては浅く広く、というようになってしまうので、注意が必要です。幼児教室に実際に通うのは子どもであるので、子どもの意思を尊重するのが良いのですが、2歳児の場合母親と離れるのが嫌で、教室そのものを嫌がる傾向があります。子どもの様子だけで教室を決めないようにするのが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *