2歳児が幼児教室で学ぶべきこと

近代、幼児教室を始めとする早期教育が大変人気です。

確かに、幼児期の脳はゴールデンタイムとも言われており、発達のスピードが著しいのが特徴です。そのため、幼児期にどれだけの刺激を受けてきたかは、その後の人生にも影響を与えると考えられています。そう聞くと、親としては焦ってしまうかもしれません。実際、自分の子どもが2歳ぐらいになると、そろそろ習い事などを始めさせる人が多いようです。高学歴の人々にインタビューすると、幼児期に何かしらの早期教育を受けていた人が多いのも事実です。

ここでは」幼児教室を選ぶ際に気をつけたいことについて考えてみます。まず、前提として忘れてはならないのは、幼児教室に通わせるのは子どものためだということです。中には、周りの子どもと自分の子どもを比較し、あつくなってしまう親御さんもいるようですが、これがエスカレートすると、自分のエゴのために子どもの教育をするようになってしまいます。2歳の子どもは、まだまだ遊ぶことが大好き。

親子の絆を深めることが何よりも大切な時期であることを念頭に置いておいてください。2歳ぐらいのときに、親の愛情を十分に感じながら育った子どもは、大人になってからの自己効力感も強く、より幸せを感じやすいとも言われています。幼児教室で学ぶのは自らで考える力。社会性や協調性です。知識を詰め込むだけなら家庭でも十分です。家庭では限界のある、これらのことを積極的に学ばせてあげるのが一番です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *