幼児教室が0歳の乳児に行っていること

0歳の乳児のコースがある幼児教室のことが気になるが、どのようなことを実際にしているのかが分からないため体験教室に出かけるかどうか迷っているという保護者の方は少なくありません。

幼児教室が提供する0歳の乳児のコースは、その乳児の脳が発達するのを促進させるようなカリキュラムを実践している教室が一般的です。具体的には身体の左右のバランスを整えたり、うつぶせ運動を行ったり原始反射を繰り返したりしています。原始反射とは、ほっぺたを軽くつっつくと特定の方角に向いたり指の付け根をつつくと手を握る動きのことです。

こういった原始反射を繰り返し行うことにより、自由に自分の身体を動かせるようになっていきます。うつぶせ運動は、周囲を見る能力を育むために行うものです。首がすわってくる生後3ヶ月ぐらいから始めるのが、有効となります。見る能力をうつぶせ運動で育むことにより、視覚から得られる情報量を多くすることが可能です。

仰向けの状態だけで目で得られる情報が乏しいと、脳が成長するスピードが遅くなってしまうため幼児教室の0歳の乳児のコースではうつぶせ運動を積極的に行っているところがたくさんあります。左右のバランスを整えることにより、足腰を均等に成長させることが可能です。ですので幼児教室が提供する0歳の乳児のコースでは、寝返りも右方向や左方向にバランス良く行うことが出来るように促していきます。他にも様々な模様が描かれたカードを使って見る能力を育んだり、赤ちゃん体操などを実践して楽しみながら学習可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *