バッテリー交換は横浜のiPhone修理店へ

近ごろゲームアプリで遊んでいると、みるみるうちにバッテリー残量が減っていく、しっかりと前日に充電しているはずなのに翌日の昼頃に電池切れのサインが表示される、こういったiPhoneの不具合に心当たりはないでしょうか。iPhoneの内臓バッテリーが寿命を迎えると、そのような症状が頻発します。iPhone自体は何不自由なく使えても、肝心のバッテリーが長持ちしなくなれば、ユーザーのストレスは溜まるばかりです。モバイルバッテリーを常に携帯する、外出先ではゲームアプリや地図アプリをなるべく使わない等、一応の対策はありますが、根本的な解決には結び付きません。

個人差はありますが、iPhoneの内臓バッテリーの寿命は2年から3年位です。経年劣化した内臓バッテリーは、充電の効率がとても悪くなっており、ストレスを感じている方は早めに交換を検討したいところです。懐中電灯やテレビのリモコンなどは、いわゆる普通の乾電池が使われています。交換用の電池は身近なお店で買いやすく、懐中電灯やリモコンは電池の交換方法も簡単なので、素人でも安心です。

一方でスマートフォンの場合、そもそも交換用の電池が市販されておらず、交換の手順も素人には分かりにくいのが実情です。iPhoneの電池交換は、横浜のiPhone修理店に代行してもらった方が安心安全です。横浜のiPhone修理店は、画面割れや水没故障をメインに引き受ける専門店ですが、内臓バッテリーを新しい物に入れ替えてほしい、といった依頼も出来ます。横浜のiPhone修理店では幅広いiPhone関連のパーツを取り揃えているので、人気の世代の機種はもちろん、最近あまり見かけない旧型のiPhoneでも、バッテリー交換が頼めます。

所要時間は30分位ですので、長時間待たされる心配はありません。新しいバッテリーにしてもらえば、新品の頃のような使用感がよみがえります。特に電池を消耗しやすいゲームアプリや地図アプリ、動画アプリを普段から愛用する方々にとって、横浜のiPhone修理店を利用する恩恵は大きいです。格安のコストで、長年の悩みが解決し、機種変更の手間やコストも丸々省けます。

旅行や出張の時期が来る前に、バッテリー交換を済ませた方がお得です。新品の物に入れ替えてもらえば旅先でも安心して長時間アプリが使えますし、モバイルバッテリーを携帯する必要がなくなり、旅の荷物が減る事うけあいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です