iPhone修理横浜店は総務省登録修理業者を選ぼう

iPhoneは新機種が登場すると、カメラの精度が高くなるなど機能が良くなって利用用途が広がるとして多くのユーザーに支持されているスマートフォンシリーズであり、日本国内でも多くのユーザーがいる特徴を持っています。iPhone一台でパソコンのような高い機能性が詰め込まれているため、一台あれば色々なことが行えるメリットがありますが、扱い方を間違ってしまうとデリケートな精密機械に不具合が発生して、スムーズに利用することができなくなる可能性も高いです。iPhoneの故障や不具合には様々な種類があり、主に画面割れやバッテリー劣化、カメラの不具合やボリュームボタンやホームボタンの故障など利用者によって違いがありますが、不具合が発生してしまったら放置せずにすぐに修理をしてもらうことが重要です。そこでAppleCareに入っている場合は、Appleの正規窓口に持ち込んで修理を受ければいいですが、AppleCareが過ぎてしまっている古い機種を長く使用してきた人にとっては、AppleStoreやAppleの正規窓口に持ち込むとかなり高額な修理費用を支払う必要があります。

またデータのバックアップを行っていないと、データの初期化を必ず行われてしまうので水没により電源が入れられない状態や、バッテリーの劣化で充電ができない状態になるとデータバックアップ自体も行えなくなるので、iPhoneに保存した写真や動画などの思い出のデータも諦める必要が出てきます。そこで修理費用を抑えつつスピーディーに修理対応、データの初期化を防ぐ方法として、iPhone修理横浜店に持ち込んで修理可能か相談をする方が多くなっています。iPhone修理横浜店の特徴の一つに、正規窓口ではありませんが店舗数が多いので、横浜に遊びに来てiPhoneや故障や不具合が起こっても近くにあるお店に持ち込めば、すぐに状態を見てもらうことができるメリットがあります。画面割れやバッテリー交換であれば数十分で対応してもらえるので、若い人を中心にiPhone修理横浜店に持っていくという場合は増えてきています。

ただ非正規窓口である以上、安心して修理を任せるためにもiPhone修理横浜店選びは非常に重要な要素となります。そこで押さえておきたいポイントの一つに、お店で総務省登録修理業者であることをきちんと掲げているか確認をしましょう。総務省登録修理業者制度とは、2015年4月に施行されたiPhone修理に関する法制度であり、修理の手順や使用する部品について届け出を出しており、電波法や電気通信事業法に定められている厳しい基準をクリアした修理店のみが登録を行うことが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です