iPhone修理横浜を利用する場合に必要なこと

iPhoneを所有している人は、何らかのトラブルが発生した事があるはずです。例えば、2年ぐらい使っている場合は電池が無くなってしまい、充電がすぐに必要になることもあります。あるいは、アスファルトの上にうっかりiPhoneを落としてしまい、画面を割った人もいるかもしれません。それ以外でも、水没させたことやデータがなくなってしまったことなどもあるかもしれないです。

もし、このような問題が生じた場合には、iPhone修理横浜のお店に行ってみると良いです。iPhone修理横浜のお店が近くにあれば良いですが、ない場合には窓口を利用せずに郵送で修理を依頼することもできます。まず、現在iPhoneの状態がどのようになっているか電話やメール等で知らせる事からスタートします。ホームページに行けば、メールを送ることができるだけでなく、電話番号が書かれておりそこから電話することもできます。

それに加えて、見積もりをしてくれるためどれぐらいの費用になるかわかるわけです。もし、見積もりをした結果支払える金額と判断した場合には、そのまま契約を結びましょう。郵送での契約を結んだ場合、郵送キットがiPhone修理横浜のお店から送られてきます。箱や緩衝材等が送られてきて、その中に故障しているiPhoneを入れて郵送すれば完了です。

当日お店に行くのとは異なり、その日のうちに修理が完了して戻ってくるわけではありません。ですが、少なくとも1週間もかからず戻ってくることがほとんどです。お店に行けない場合は、輸送以外にも直接お店の人に来てもらう方法もあります。このような仕組みを採用しているお店はまだ少ないですが、比較的お店から近いところにある家に住んでいるなら、無料で取りに来てくれるかもしれません。

その時、見積もりを行うことになります。見積もりをした結果問題なければ、そのまま契約が成立です。自宅にお店の人が来る場合、その場で修理してくれるわけではありません。中には、道具を一式持っていきその場で修理をしてくれるサービスがあるかもしれません。

この場合には、30分程度で終了を得ることができるでしょう。ただしデータ復旧になると、30分程度で終わるケースは少ないため、数日預かることになります。しかも、データ復旧といえども衝撃によりデータが壊れてしまった場合は、それなりの時間はかかることを覚悟しておかなければいけません。小塩店で修理をするためにスタッフが店に戻った時、修理が完了したら連絡がきます。

この場合、自分で取りに行く方法もありますが、サービスでスタッフが届けてくれることもあるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です